腰高窓から出窓へ交換工事 横浜市緑区

腰高の窓から出窓へ交換しました。出窓があると広く感じますね。

施工前の写真です。築年数が経ってくると雨戸の建て付けが悪くなってくることがあります。ここの現場も雨戸の開け閉めが大変でした。

雨戸とサッシを解体していきます。ビスを外せば簡単に外れます。

出窓を設置し、戸袋のあった場所は補修が必要なため防水貼りラスカットベニヤを貼っていきます。

壁にモルタルを塗り、壁の厚みを整えます。

一日空けてモルタルが乾いたら、下塗りをしていきます。今回は外壁がスタッコだったため、吹き付けてパターン付けしました。

既存の外壁と色を合わせるため、調色して色を作っていき完成です。

室内側の施工後の写真です。施工後は隙間などが出やすくなるため、見切り材などを用いてきれいに納めます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です